現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリ

カレンダー

2018年7月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2018年8月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

※赤字は休業日です

アダルト用語集

 ・オーガズム ・Gスポット ・ポルチオ性感 ・括約筋 ・潮吹き ・オーラルセックス

 ・フェラチオ ・イラマチオ ・クンニリングス ・コンドーム ・3P ・レズビアン
・スワッピング

オーガズム

セックスや愛撫の際、快感が上昇し極点に達した状態をオーガズムという。以前はオルガスムスと呼んでいた。古い書物や辞典ではその表記がされている。

オーガズム時には、男性はペニスや精巣あたりの筋肉が収縮して射精する。女性は子宮や膣の一部が収縮する。


女性のオーガズムは、男性の射精よりも数倍快感が深い。頭の中が真っ白になり、異世界を浮遊するような快感に包まれる。

女性のオーガズム時の反応は様々。身体をブリッジのように反らしたり、脚をケイレンさせる。手の先にも力が入り、シーツをつかんだり、背中に爪を立てたりする。 


女性の三分の一から半数くらいが、オーガズムを体験したことがないと言われている。

現在、アメリカのファイザーなど大手製薬会社三社が取り組んでいる女性版バイアグラは、オーガズムをもたらす効果があると期待されている。 


オーガズムの重要性を世界に訴えたのは、精神分析家のウィリアム・ライヒ。ウィーン 大学在学中の1920年頃に「オーガズムの 機能」を発表した。ライヒは1957年11月 に、アメリカの刑務所で獄死。


Gスポット

1950年に、ドイツの産婦人科医グレーフエンベルク博士が発見したもの。博士の名前の頭文字を取って、Gスポットと名づけられた。


「膣口から4~5センチ入った膣前壁に、刺激を与えるとふくらむ部分がある。さらにその部分を刺激することによって、女性の性欲と性感を異常なほど高める」というのが博士の主張。 


マスターズ&ジョンソンの夫婦博士も、これを裏付ける報告を発表。「膣前壁にはGスポットらしきエリアがあって、そのエリアを刺激することによって大量の液体を噴出する」というもの。 


1980年代になって、アメリカの性科学者B・ウィップル博士は、ファイバースコープを使って隆起したGスポットを撮影した。日本でも名古屋大学の渡仲三名誉教授が電子顕微鏡を使って、Gスポット周辺に知覚神経を発見。Gスポットの存在は実証された。 


最近ではアメリカのマイケル・ペリー博士が、より鮮明なGスポット撮影に成功している。


Gスポットを刺激することで分泌される乳白色の液体は、男性の精液と同じ成分である。

前立腺を刺激すれば、男性は自分の意志とは無関係に勃起し射精する。女性には前立腺がないので、Gスポットは女性の前立腺に相当するのではないか?」というのが博士の報告。


ポルチオ性感

女性の性感帯は、体験を積むごとに開発さ れていく。女性器について言えば、クリトリス、Gスポット、ポルチオの順で開発されていくのが普通だ。 


ポルチオというのは子宮膣部のこと。子宮の入口にあって、膣腔に突き出ている。膣の中に注意深く指を入れていくと、コリッとした感触のものに当たるのがそれ。


ポルチオそのものは、もともと鈍感な部分。産婦人科の治療ではペンチのようなものでポルチオをつまむが、ほとんど痛みを感じないくらいだ。 


それが開発されると、クリトリスやGスポット以上の性感帯になる。と言ってもポルチオそのものが感じるのではなく、ポルチオをてこにして子宮や内臓がゆさぶられることが快感につながるのだ。 


したがってポルチオの刺激法、開発法としては、前後のピストン運動だけでは不十分だ。上下や左右の動きを織り交ぜて、かき混ぜるようにするのがいい。バイブの先の回転は、このポルチオを刺激するから快感につながるわけなのだ。


括約筋

Gスポットやポルチオなど、膣の中には様々な性感帯がある。重要な性感帯であるにもかかわらず、まだあまり認知されていないのが、膣の入口付近にある括約筋だ。 


マンガ家の成田アキラ氏は、この括約筋を「Ⅴ筋」と呼び、その重要性を指摘している。括約筋は、アナルとヴァギナを8の字型に囲んでいる。女性が興奮すると、この括約筋は膣の内側に張り出してくる。これが膣の入口から見ると、Ⅴ字型に見えるわけだ。 


セックスの際のハウ・ツーとして、昔から九浅一深ということが言われている。ペニスによるピストン運動は、9回浅く入れて1回深く入れるという意味。


浅く入れているときは、カリの部分が括約筋を刺激しているわけ。昔の人は、Ⅴ筋の重要性を知っていたわけだ。   バイブのサオの中程にパールが埋め込まれ、それが回転する機種が多いが、これはヴァギナ入口の括約筋を刺激するものだ


潮吹き

セックスや愛撫の最中、オーガズムの到来とともに大量の液体を勢いよく放出する、潮吹き。


一昔前に潮吹きといえば、特異体質のようにいわれていたが、アダルトビデオに出演する多くの女性が、潮を吹いている。潮吹きさせるのが得意なAV男優に聞くと、潮吹きしない女性のほうが珍しいとのこと。 


以前は正体が分からなかった潮吹き。オーガズムに達した女性の失禁ではないかともいわれた。潮吹きに遭遇した人は明らかに尿とは違うと主張したが、遭遇した人そのものが少なく、真相は謎だった。 


アメリカのセックスセラピストであるマイケル・ペリー博士は、これに答えを出している。「Gスポットを刺激すると、Gスポットの表面から液体が分泌されるだけでなく、尿道からも無色透明の大量の液体が分泌される。


ただし、尿道から出るとは言っても、尿とは成分が大きく異なる」 アダルトビデオで潮吹きが起こるのは、指をヴァギナの中でピストンさせる″指マン″の時。


かなりのスピードでGスポットを刺激しなければならず、セックスでこれを起こさせるのはけっこう難しい。バイブでも潮吹きは起こせる。


ヴァギナをふさいでるから潮が出ないのではという心配はいらない。液体は尿道から発射されるのである。


オーラルセックス

オーラルとは、口を使うという意味。唇や 口腔、舌などを用いて、性器を舐めたり吸っ たりする行為のことを、オーラリズムという。


最近ではオーラルセックスの事を毛嫌いする女性は少なくなったが、もしそのような女性に出会ったら、口紅の起源を教えてあげるといい。


棒口紅を発明したのは、古代フエニキアやエジプトの娼婦たち。彼女たちは、オーラルセックスのプロであることを誇示するため、唇を外陰部に似せて赤く塗りたくったのだ。


バイブを使うと、オーラルセックスをゆったりと楽しめるという効用がある。女性がペニスを口で愛撫しているとき、彼女のヴァギナはお留守になっている。ヴァギナで感じたくなった女性に、ペニスを入れてほしいとねだられれば、オーラルセックスは中止しなければならない。


バイブの快感になれると、その快感はほとんどの女性にとってペニスに勝る。バイブを彼女のヴァギナに挿入した状態なら、彼女は心ゆくまでオーラルセックスをしてくれるだろう。


フェラチオ

オーラルセックスのうち、一般的には女性が口でペニスを愛撫することをフェラチオという。もちろん愛撫するのは女性でなくともいいわけで、ホモの世界でもフェラチオはよく行われる愛の技法だ。


歴史的に見れば、フェラチオの発祥の地は中近東といわれている。古代ローマ皇帝のティベリウスなどは、快楽を求めて、歯の生えそろわぬ赤ん坊にフェラチオをさせた。 


フェラチオのテクニックとしては、吸う、すする、しゃぶる、舐める、舌と唇でこする、撫でる、震わせる、はさみつける、締めつける、柔らかく噛みしめる、などがある。舌を丸めてペニスを包み込んだり、舌先をとがらせてつつくなど、様々な技法がある。 


ペニスの裏側の縫い目に向かって舌先をジグザグ往復させ、螺旋状に舌を先端に戻しながら頂上に達したとき、鈴口にクッと舌をつっこむなどの高度なテクニックもある。


フェラチオのテクニックは、なかなか言葉だけでは伝わらない。時にはバイブの振動を止めて、フェラチオの教材にするのもいいだろう。


イラマチオ

イラマチオは古典ラテン語で 「母が乳房を与えるように吸わせる」という意味。


オーラルセックスのうち、最もサディスティックな行為がイラマチオだ。フエラチオでは女性のほうが能動的に舌や唇を動かすのに対して、イラマチオでは男性が能動的に動く。


女性の頭を手で押さえつけて、男性が腰を動かすことによってペニスを彼女の口に出し入れするわけだ。彼女の口の中を突きまくるわけで、攻撃的で支配的だ。 


M的な資質のある女性がこれを好む。イラマチオの時にも、バイブを挿入すると効果的だ。女性は上下の口を同時に犯されていると感じるからだ。


支配されていることに女性が快感を覚えるのがイラマチオ。これを行うときには自信を持って振る舞い、命令口調で話すほうが、彼女の満足は大きい。射精する時は、彼女の頭を押さえ込んで容赦なく飲み干させる。


クンニリングス

女性のヴァギナを口唇で愛撫するオーラルセックスを、クンニリングスという。男性が女性に行うだけでなく、レズビアンのアクティブ(男役)には、クンニリングスをするのが大好きという女性が多くいる。


女性に快感を与えようと、能動的にクンニリングスを行う男性も多いが、ヴアギナから愛液を吸うことを好む、ベビー・イーター(赤ちゃん食い)的症状の男性もいる。


胎児は、母親のヴアギナを舐めながら生まれてくる。G・レグマンに言わせると、クンニリングスは母なる子宮への回帰願望を表現するものということになる。


クリトリスよりも腱内への刺激を求める女性に、クンニリングスを行う時にもパイプは役に立つ。クリトリス子機のないタイプのパイプをヴアギナに挿入し、クリトリスを唇や舌で愛撫する。男性は思う存分、クンニリングスを楽しむことができるだろう。


コンドーム

ヴァギナに挿入するときに、バイブにはコンドームをかぶせたほうがいいだろう。バイブで妊娠する心配はないが、衝生面を考えたらコンドームは必要だ。


バイブの素材によっては膣内を傷つけるおそれもないとはいえない。使用後にパイプを洗うときにも便利だ。またコンドームをかぶせると滑りがよくなりバイブが入りやすくなるという効果もある。


コンドームという言葉は、いまだにその語源がはっきりしていない。フランスの都市コンドンと関係があるという説や、ゴンドムあるいはコントムという医者の名前が語源だという説もある。


何かを予防するという意味のコンドウスが変化したものだというプロッホの説が最も有力だ。 


コンドームの歴史は以外と古く、18世紀から使われている。最初に流行したのがイギリスであったため、フランスでは「キャポ・アングレス」(イギリスの帽子)と呼ばれていた。これは『カザノヴァ回想録』にも登場する。 


当時のコンドームは仔羊の盲腸から作られ、油と粘土で柔軟性と弾力性を作り出した。魚の浮き袋から作られたコンドームもあったが、これは柔軟ではあるが破れやすかった。


3P

三人で性交することを、文字通り三人という意味で3P(three person)という。他にはトロイズムという呼び方もある。   3Pといっても二人のプロ女性を侍らせ奉仕させるようなケースでは、支配欲は満足させられるかもしれないが、深いカタルシスはとうてい得られるわけもない。


一人の女性に対して、二人の男性が挑むような場合。男性たちがその女性に何の感情も抱いていなければ、むなしい遊技に終わる。


男性のそれぞれがその女性に少しでも恋愛感情を持っていれば、お互いの嫉妬が刺激し合って、カタルシスが到来する。これは男性が一人で女性が二人でも同様だ。


それぞれの愛情のバランスが均等である必要はなく、例えば一組のカップルに別の男か女が参加するような場合でも、嫉妬の感情は味わい深いものになる。 


女性が一人で男性が二人の場合、最終的には一人をヴァギナで、もう一人を口で受け入れるのがよくあるパターンだ。ヴァギナと肛門で受け入れるケースもある。これは男性のペニスがごく近くでこすれ合うため、嫉妬の感情はサディスティックに燃えあがる。


レズビアン

女性の同性愛を示すレズビアンの語源は、古代ギリシャのレスボス島の祭礼から来ている。かつては性的異常者というレッテルも貼られたレズビアンだが、最近では性的少数者の1グループであるという説が定着している。


女性どうしの性交渉のしかたは、いくつかある。まずはクンニリングスであり、タチ(男役) の中には、相手の愛液をすするのに非常な快感を覚えるという者も珍しくない。そして、ペッティングと相互オナニー。


ペッティングの際には、クリトリスどうしをこすり合わせるといった行為が行われる。 


そして最後に来るのは、バイブかディルドーをヴァギナに挿入することだ。古代から行われていたレズビアンだが、バイブのなかった時代には様々な物が挿入された。アラビアのハーレムでは、舌やバナナやローソクが使われた。


日本でもレズビアンは古くからあった。江戸時代の川柳には、長局(張型)を使ったレズビアン行為が詠われている。


スワッピング

乱交は古くから行われていた行為だ。原始時代に、人類が性的乱交状態であったことは歴史学者の間ではほぽ常識。しかしそれは、その時々で性交の相手が異なるという意味での乱交だ。同時に三人以上の男女が交わるわけではない。 


多人数が同時に交わるという意味での乱交を初めて行ったのは、古代ローマのティベリウスである。彼はスピントリエと呼ばれる方法を考案した。


スピントリエのもともとの意味は、腕輪。三人以上の男女が、フエラチオ、クンニリングス、性交、肛門性交など、様々な方法でリング状につながることだ。現在これは、英語ではデイジー・チェイン、日本語では雛菊鎖遊びと呼ばれている。 


ティベリウス以来、人類は様々な乱交を行ってきたが、夫婦やカップルがお互いのパートナーを交換するスワッピングが行われるようになったのは、今世紀の後半になってからだろう。スワッピングは、民主主義と女性の性意識の解放なしには生まれなかった。 


嫉妬は性衝動の最も大きな要因であるから、スワッピングはカタルシスに近いような快感をもたらす。パートナーへの愛情が深ければ深いほど、快感が大きいことはいうまでもない。


検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

人気ランキング

特価!

愛・ラブローター

542円(税抜)

定番中の定番!!

20%OFF

直撃Gバイブ

800円(税抜)

Gスポット責め専用ローター!

20%OFF

恋の110番

1760円(税抜)

媚薬的なローター!


モナ2

特価!